小説 ​消えた初恋 (Shousetsu – Kieta Hatsukoi) 0 csillagozás

宮田 光 (Miyata Hikaru): 小説 消えた初恋 (Shousetsu – Kieta Hatsukoi)

隣の席の橋下さんに片思い中の男子高校生の青木。しかし、橋下さんに借りた消しゴムには、両思いになれるおまじないとしてクラスメイトの男子・井田の名前が……。青木の初恋ははかなく消えた。しかし、その消しゴムを井田に見られたことから、消えたはずの初恋は想定外の方向へ転がり? 「青木とのこと、ちゃんと考えるから待っててくれ」。青木は橋下さんが好き、橋下さんは井田が好き。なのに井田は勘違い、しかも青木にはその誤解を解けない理由があって…。初恋は実らない、なんていうけれど、それじゃあなんなら実るのか。誤解から始まり、勘違いで進展する、男子高校生の青春物語! 「別冊マーガレット」で好評連載中! ドラマ化コミックスの小説版!!

>!
集英社 (Shueisha), Tokió, 2021
214 oldal · ASIN: B09K7GS1KK

Most olvassa 1


Népszerű idézetek

Via_AF I>!

ああ いう ふう に 笑ったり、 こういう ふう に 怒ったり、 すぐすぐ に 感情 が 顔 に 出る 青木 の 率直さ を 井田 は 可愛い と 感じる。 これ は、 友達 相手 には 絶対 に 抱かない 感覚 だ。  
つまり これ が「 好き」 と いう もの なの だろう か。 ならば 俺 は やはり 青木 の こと を……?  
いや、 待て。 豆太郎 が いる。  
飼って いる 犬 の 豆太郎 は とても 可愛い。 井田 の 帰宅 を 尻尾 を 振って 喜ぶ 姿 を 見る と、 いつも 胸 が キュン と する。  
つまり…… 青木 = 可愛い = 豆 太郎 = 犬。 という こと は、 俺 に とって 青木 は…… 犬?

101. oldal

1 hozzászólás
Via_AF I>!

「あの 子、 今、 反抗期 なの よ ねー。 昔 は 可愛かったん だ けど」
「相 多 も 青木 の こと 可愛いって 思う の か!?」  
驚き を もっ て 聞き返され、 相多 は 思わず「 は?」 と 真顔 に なった。
「一 ミリ も 思わねー よ。 冗談 だ よ」
「そ、 そう か」

103. oldal

Via_AF I>!

カチリ。 回り出した 歯車 が、 さらなる 記憶 を 掘り起こす。  
以前、 井田 は 青木 に 好き な やつ が いる か 気 に して いた。 文化祭 の 時、 井田 は ミスした 青木 を 気遣い フォロー した。 打ち上げ の 時、 青木 を 茶化す クラス の 連中 に ガチ で 怒った。  
カチリ、 カチリ、 カチリ……、 ガッチーンッ!  
連鎖 して 回り出した 歯車 が、 相多 に ある 結論 を 下させる。

104. oldal

Via_AF I>!

青木 は 頭 を かいた。 へらへら と 頼りのない 自分 より、 井田 の ほう が ずっと 人間 が できている。 もしも どちらか を 恋人 に 選べ と 言われたら、 自分自身 で さえ 井田 を 選ぶ だろう。

45. oldal

3 hozzászólás
Via_AF I>!

「べつに、 お前 の 気持ち まで なかった こと に する 必要 は ない だろ。 そんなふうに 雑 に 扱って いい もの じゃない」  
ジン、 と 胸 が 震え た。―― 俺 の バカ 野郎。 なに 一つ 理解して いない やつ の 言葉 に…… 恋敵 の 言葉 に、 なに 心 を 打たれて いるんだ。

25. oldal

Via_AF I>!

「……あのさ……今日は助かったわ」
謝罪の気持ちも込めつつそう言うと、井田は微ほほ笑えんだ。
「おう。青木もお疲れさま」
また頰が熱くなってきた。――だから、俺がキュンとしてどうする! 必死に頰をこする青木の手を井田がつかんだ。
「へっ!?」
手を握ったままひたと見つめられる。
青木は井田から目を逸らすことも、言葉を発することもできない。まるで魔法にかかったように体が動かなかった。
「手に絵の具がついてる。触ると顔につくぞ」
井田は青木の手を離し、下げ駄た箱ばこの扉を開けた。

53. oldal

1 hozzászólás
Via_AF I>!

井田 は ちらりと 青木 を 見る と、「ほっとけ ない ん だ よ、 お前 の こと」 と、 ぽつり と つぶやい た。
[…]
なに それ、 どういう 感情? 俺 は 雨 に 濡れる 子猫 じゃない。 段ボール箱 に 入れられた 子犬 でも ない。 クラスメイト の 男 だ。 ほうって おける だろ、 いくら だって。

32. oldal

1 hozzászólás
Via_AF I>!

「なに してんだ よ、 井田」
「ゴミ、 捨てて きて やる よ。 重い だろ」
「いい って。 自分 で やる」
「でも……」
「いい から 寄こせ って!」
  これ 以上 フラグ を 立てて たまる か。 井田 から ゴミ袋 を 奪おう と した 拍子 に、 二人 の 手 と 手 が 触れ合った。
  重なる 指先 の 熱 を 通して、 なにか が 始ま―― って たまる かーっ!!
「ほっとけって 言ってんだろぉー!」
ゴミ袋 を 強奪し、 ダッシュ で その 場 から 逃げ去る。

38. oldal

1 hozzászólás
Via_AF I>!

「手伝う わ」
「いらん! 自分 の ケジメ は 自分 で つける!」
きっぱり 告げる と、 井田 は 青木 が 描いた 絵 を のぞきこみ、 首 を かたむけた。 「なぁ、 青木。 シンデレラ に 宇宙人 は 出てこない ぞ」
「宇宙人 じゃ ねぇ!   馬 だ よ、 馬!」

49. oldal

1 hozzászólás
Via_AF I>!

 ―― よし。 これ で どうにか 合コン の 形 には なる だろ う。 ふ ぅと 息 を つい た 青木 は、 ふと 視線 を 感じ て 右 隣 に 座る 井田 を 見 た。
「…… なん だ よ?」
「別に。 お前 らしい なっ て 思っ た だけ だ」
 井田 は さらり と 言う。

87. oldal

1 hozzászólás

Hasonló könyvek címkék alapján

C・S・パキャット – 冬斗亜紀 (Fuyuto Aki): 叛獄の王子 (Hangoku no Oji)
藤崎都 (Fujisaki Miyako): 世界一初恋 横澤隆史の場合 (Sekaiichi Hatsukoi – Yokozawa Takafumi no Baai) 3.
墨香铜臭 (Mo Xiang Tong Xiu): 魔道祖師 (Madou soshi) 1.
こぐれ京 (Kogure Kyo): サトミちゃんちの8男子 (Satomi chan no Hachidanshi)
藤崎都 (Fujisaki Miyako): 世界一初恋 横澤隆史の場合 (Sekaiichi Hatsukoi – Yokozawa Takafumi no Baai) 4.
藤崎都 (Fujisaki Miyako): 世界一初恋 横澤隆史の場合 (Sekaiichi Hatsukoi – Yokozawa Takafumi no Baai) 5.
L. M. モンゴメリ: アンの青春 (Anne no Avonlea)
藤崎都 (Fujisaki Miyako): 世界一初恋~吉野千秋の場合 (Sekai ichi Hatsukoi – Yoshino Chiaki no baai) 1.
ケルスティン・ギア: 紅玉は終わりにして始まり (Rubi wa owari ni shite hajimari)
藤崎都 (Fujisaki Miyako): 世界一初恋~吉野千秋の場合 (Sekai ichi Hatsukoi – Yoshino Chiaki no baai) 3.